歯科医師コラム

歯科医師  女性歯科医師のキャリアプラン

女性歯科医師のキャリアプラン

2015年に「女性活躍推進法」が成立し、女性の歯科医師も年々増加しています。また近年「ジェンダー差別」というものが大きく取り上げられており、「女性の歯科医師」という表現もおそらく数年のうちになくなるでしょう。すでに「家事・子育て」は女性だけの仕事ではなくなりつつあります。とはいえ、女性にしかできない「出産」に関しても今後は色々と考えられ、女性がそれによって自分のキャリアを制限されることのない時代が来るでしょう。

 これまでの女性歯科医師

以前、若い女性歯科医師の方から「40代、50代以上の女性歯科医師の方ってどこにおられるんですかね?」という質問をされたことがあります。これまでは女性の歯科医師は今ほど人数的に多くなかったということもありますが、治療にずっと携わっておられた方はかなり少なかったかもしれません。

これまでの女性歯科医師の方は、結婚を機に家庭に入り、子育てをされていたこともあり、そのまま歯科医師資格は埋もれていったのではないでしょうか。

時代は随分変わり、新しい機器なども導入されたため、おそらく現場に戻るのは難しかったと思います。

最近、40代、50代の女性ドクターともお話をすることがあります。非常勤で勤務されている方もおられますし、訪問診療、小児歯科、健診などに携わられている方が多いようです。

また、御主人が歯科医師で開業をされている方は、御主人の歯科医院で非常勤で治療されている方もおられます。

 

「家庭」と「仕事」を両立する時代

 時代はどんどん変わっていくでしょうが、とはいえ、まだまだ女性が出産・子育てをするというベースは変わらないかもしれません。何より女性がそうしたいと強く願っている部分もあります。

以前、子育て中の40代の女性ドクターと話をしたところ、「歯科医師はたくさんいるけれど、息子の母親は私しかいないので・・・」と言われていました。

ただ、専業主婦というスタイルは消滅するかもしれません、「家庭」か「仕事」を選ぶ時代ではなく、「家庭」と「仕事」を両立する時代になるでしょう。

では女性にはどういう働き方ができるのでしょうか?最近の子育て中の女性ドクターの働き方を例に挙げてみます。

1. 訪問診療

2. 時短勤務の常勤

3. 非常勤

4. 単発の健診アルバイト

訪問診療

断トツ、訪問診療で働く女性ドクターは多いと思います。何よりも外来診療ほど夜が遅くならないということと、土日が休みというのが最大の特徴です。訪問診療は居宅や施設に行くのですが、施設の場合は、5時ごろには夕食が始まるため、それまでに引き上げる必要があります。基本的には、5時~6時くらいに事務所に戻ってカルテの整理をして終了という形になりますが、歯科医院によっては、ドクターは施設から直接帰ってもOKというところもあります。時間的な面で女性にとっては働きやすいスタイルと言えるでしょう。また訪問診療をしている歯科医院側も高齢者の扱いが上手い女性の方を望まれる場合が多いです。

時短勤務の常勤

歯科医院で外来診療をしながら、17時~18時に終わる時短勤務の常勤を希望される女性ドクターは多いです。

・ 結婚して子供さんがまだおられない方

・ お子さんが小学生・中学生になって少し手を離れてきた方

子供はまだいないけど、17時頃に終わって、夕食の準備をしたいという方や、子供が帰ってくる時間には戻っておきたいという方で仕事をしたい方はこのスタイルを希望されるのですが、正直かなり希少な案件となります。

若い頃から勤務をしていた職場でこのようなスタイルに移行する方はおられるでしょうが、転職でこのスタイルを希望されてもなかなか採用になりにくいのが現状です。

どうしても外来の場合、17時以降に忙しくなるということと、女性スタッフの多い職場だけに、他の人とのバランスを考えて難しいと言われる場合が多いです。

 

非常勤

色々なスタイルの非常勤がありますが、医院が一番希望されるのは、時短勤務の常勤よりは、週3日でもいいので、勤務の日はフルで入ってほしいと言われます。

逆に小さいお子さんがおられる方にはこちらの方をお勧めすることが多いです。ご主人のお休みを利用して、実家の親や託児所に子供を預けてという形にはなりますが、オンとオフがつけやすい働き方ができますし、雇用する医院側も喜ぶスタイルです。

 

単発の健診アルバイト

健診アルバイトに登録されている方は多いです。健診は治療ではないため、子育てで現場から離れていた方にとっては比較的復帰しやすいというメリットがあります。とはいえ、案件数は決して多くないので、まとまった収入を希望されている方にとっては全く期待できないですし、フットワーク軽く行ける方でないと難しいでしょう。また小さなお子さんがおられる方などは急な発熱時の対策を考えておく必要があります。

働き方は色々ありますし、雇用する医院側も女性歯科医師をうまく活用していかなくては、これから難しいでしょう。男性・女性の割合が半々に近くなってきているので、男性歯科医師に限っていたら採用できなくなってくるかもしれません。

 

女性歯科医師の開業

女性歯科医師の方で開業する方も増えてきています。ある女性院長に伺ったのですが、その方は、独身のうちに開業する方がいいかもと言われていました。もちろん一概には言えませんが、結婚したら、妊娠、出産と押し寄せてくるため、勤務医として働くのも難しくなるけど、開業しておけば勤務医や衛生士に任せて、自分のペースで働くことが出来るからと言われていました。

確かに、男性の歯科医師が開業するのは、高齢になった時に自分の歯科医院だったら働けるからという人が多いのですが、それと同じで、女性の場合も開業しておけば色々とやってくるライフイベントも自分のペースで進む事が出来るかもしれません。

姉妹で一緒に開業されている先生もおられますし、ご主人の医院と、自分(女性院長)の医院をまとめて医療法人にされている方はおられますが、男性歯科医師のように分院をどんどん増やしてというスタイルを取っておられる女性院長には私はまだお会いしたことがありません。

 

保険診療 VS 自費診療

女性歯科医師の方で自費診療をメインでしていますという方は、非常に少ないように思います。理由を考えてみたところ、私が考えるに、男性も女性も同じように歯科医師免許を取得し、臨床研修を終えて、勤務をスタートするのですが、最初は基本的に保険診療から始めます。3年ほどして、保険診療が一通りできるようになった段階でセミナーなどに参加をして自費治療を経験し始める方が多いと思うのですが、このあたりで女性の方は結婚・妊娠・出産というライフイベントがくるため、本格的に自費治療を学んで経験するということが出来ないからでしょうか?

また、意識的にも自費治療というイメージを持っておられる方は少なく、一般治療ができるようになったらいいかなという限度を決められている方が多いようにも思います。

ただ、ある女性院長は女性だからこそ、自費治療をするべきだと言われました。開業して保険診療だけで経営をしようと思うと、短時間で治療をしたり、何列も並行して診なければ成り立たない。ある意味体力勝負になってくる。そういう意味でも女性の心配りや緻密さ、丁寧さを武器にして自費治療でじっくり診療するスタイルの方が女性には向いていると説明して下さいました。

色々な考え方があると思いますので、こういう考え方もあるのだということでご紹介させて頂きます。

 

まとめ

如何でしたでしょうか? これからの女性歯科医師がどのように活躍していけばいいのか参考にして頂ければと思います。人それぞれ環境も考え方も違いますので、こういう考え方もあるのだと何かの気づきになれたらと思います。ますます女性が歯科医師として活躍することを願っています。