就職・転職Tips 履歴書編2

「ま、ここは空欄でもいいか!」
なんて勝手に思わないで!

「免許・資格」って何を書けばいいの?

 ここには歯科医師免許取得の年月、歯科医師としての資格を記入して下さい。 普通自動車免許の有無があると通勤で利用可能か、また訪問診療の際に運転が可能かなどの判断の基準になると思います。 よく、ペーパードライバーですという方がおられますが、それであれば記載の必要もないかなと私は思っています。 最近では高齢者に関するヘルパー資格なども有利だと思います。 資格の欄に「剣道五段」と書かれていた先生がおられました。 歯科医師とは全く関係のない資格なので書く必要もないと言えばないのですが、「剣道五段」というのは素晴らしい資格で、 その方が自分の人生に打ち込んできたものを示す重要な資格だと言えます。 これをみた医院側は必ず「剣道五段ってすごいですね」と言われたのが私は強く印象に残っています。 これによってあなたの人柄を表すことができるのならば是非記入することをお勧めします。 但し、「お~、すごいですね」と言ってもらえるぐらいの資格であることが基準です。

「通勤所要時間」 ま、空欄でいいか・・・

 「通勤所要時間」を記入していない人も多いです。自宅から医院に通勤した場合の所要時間を事前にネットで調べ、記入しましょう。 どういう経路でここまで通勤してくるのかを気にされる院長も多いです。 結局あまりに遠いようであれば本人のやる気はあったとしても長く勤務してもらえないのではないか、 また交通費もかなりかかるのではないかと気にされる場合もあるかもしれません。 そして何よりも事前にしっかり調べて通勤することをシミュレーションしているかどうかという事に、「人柄」や「やる気」を見い出そうとされます。 小さな枠ですが、甘く見ないで下さい。

「写真」 面接前に撮ればいいか・・・

 そんな人いないでしょうと思われるかもしれませんが、意外に今撮ってきたので、まだ貼れてないんですと言われる方がおられます。 写真も含めて事前に準備して下さい。小さな写真にもその人の人柄が十分に表れます。 履歴書用の写真を撮るために、スーツを着て髪を整えて撮りに行った人と、買い物のついでに撮った人とでは、本気度はすぐに相手に伝わりますよね。 。

実際、「この写真どう思う?ネクタイは曲がってるし、だらしない人だよね」と院長先生に指摘されたことは幾度となくありました。

  • 履歴書用の写真ですか?
  • 髪は整えられていますか?
  • ネクタイはゆがんでいませんか?
  • スーツを着用していますか?
  • 犯罪者のように映っていませんか?

写真は貼ればいいという問題ではありません。採用・不採用にかかわる大きなポイントになることを肝に銘じて下さい。