就職・転職Tips 歯科衛生士 履歴書編1

「採用」を近づける履歴書の書き方はこれ!②

「志望の動機・アピールポイント」でぐっと心をつかみましょう!

 面接する歯科医院のホームページをしっかり熟読し、あなたがなぜここで働きたいと思ったのか、自分のこれまでの経験と結びつけた内容を簡潔明瞭に記入しましょう。

 「これまではこういうことをしてきましたがステップアップして、次は貴院でこういうことにチャレンジしたいと思います。」といった内容でもいいですし、 「ホームページのスタッフ写真を拝見して、医院の温かい雰囲気を感じ、是非ここで働かせて頂きたいと思いました」という感じでもいいと思います。

 ポイントは、医院のホームページなどでしっかり下調べをしたうえで、是非ともここで働きたいという思いを伝えることです。 向上心をアピールするのは良いことですが、「教えて下さい」「勉強させて下さい」は言い過ぎると逆効果。 ここは学校ではないんだから・・・と言われてしまうこともあります。 ベテランの方であれば、これまでに自分はどういう事をしてきたか、 新しい医院で自分はどういうことが貢献できるのかという事もさりげなくアプローチ出来たらベストだと思います。

 また、「学生時代にチアリーディング部の部長をしていました。チームをまとめる事や力を合わすことを学びました。 その時の経験を仕事にも役立てたいと思います」といった内容を記入していた履歴書もありました。 歯科医院は女性スタッフも多く、協調性が重要ですので、こういう内容もアピールポイントになると思います。

(例)

 私は10年間歯科衛生士として多くの患者さんに携わってまいりました。患者さんの多くは、不安と緊張で来院されます。患者さんのお話を聞くこと、時々治療とは違うお話をすることで、コミュニケーションがとれ、安心して治療が続けられたとお声を頂きました。またスタッフからは医院の雰囲気が明るくなったと言われ、影響力があると言われました。 これからは疾患を抱えた患者さんが少しでも元気になれるように安心する存在になりたいと思っています。 貴院のホームページを拝見させて頂き、小さなお子さんの来院も多いと知りましたので、自分の子育て経験なども活かしながら、新しい挑戦をしていきたいと思います。

 これは実際のある衛生士さんの履歴書を引用させて頂きました。難しい内容でなくても自分の言葉でわかりやすく書かれていればOKです。

「希望記入欄」にはどんなことを書けばいいの? 

「本人希望記入欄」には、絶対これだけは譲れないという内容だけを記入するようにしましょう。

(例)

  • 小学生の子供がいるため、18時終業希望。
  • 火曜日・水曜日・金曜日のパートを希望。

 「週休2日」とか「1日8時間勤務」「日曜休み」といったことは、 医院のホームページの情報でもわかることであり、基本的にほとんどの歯科医院が「週休2日」なので特筆するほどではありません。

 また、「有給休暇100%消化」など、お金やお休みに関わることは要注意です。単に希望を並べればいいというものではありません。 働きたいという意欲のある人を採用したいと思っているのに、「休み」の事や「お給料」の事ばかりを主張されては、あなたのやる気を疑われるかもしれないですよ。

写真はスーツを着ていないとダメですか?

 基本的にはスーツ着用の写真が理想です。いかにもカジュアルな雰囲気の物はNGです。 確かに、首元や肩あたりしか見えないのですが、結構チェックされています。お買い物のついでに撮った写真と、髪の毛をまとめ、 お化粧も控えめでスーツ着用の写真とでは、どちらの方が好印象だと思いますか? 適当な気分で面接に来ている人と、本気で採用されたいと思っている人の気持ちはこの辺りでも十分伝わります。

 歯科に限らず一般企業でも履歴書をみる採用担当者が最初に見る箇所の一つが顔写真だと言われています。 まず、どんな人が応募してきたのか、顔写真を見て確認するためです。 つまり、顔写真で手を抜いてしまうと「落ちる履歴書」になってしまうと言われています。

 もし犯罪者のように映ってしまったり、暗い表情で写ってしまったらためらわずに撮り直しをしましょう。

 まずは履歴書だけで選考される場合もあります。 「きれいに整えられた読みやすい履歴書」「内容がしっかり記入された履歴書」「キラッと光る履歴書」この3点でまずは「採用」をぐっと近づけましょう。