就職・転職Tips 歯科衛生士 面接編1

初めて会った3~5秒で「採用・不採用」は決定する!

会った瞬間に「採用・不採用」は決まってるの!?

 「メラビアンの法則」ってご存知でしょうか?

 人の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ているという概念です。

初対面の人を認識する割合は、

「見た目・情報・しぐさ・視線等」の視覚情報 55%
「声の質・話す速さ・声の大きさ・口調等」の聴覚情報 38%
「言葉そのものの意味・話の内容等」の言語情報 7%

 という事は、初めて会った瞬間に「採用・不採用」が半分くらい決まってしまうという事です。 そしてあなたが喋り出した段階でほぼ結果は出ているという事です。改めて文章にすると驚きますが、 ほとんどの人が日常でも視覚情報を重視しているのではないでしょうか。

仕事を探すときに、歯科医院のホームページでスタッフ写真を穴があくほど見ているという衛生士さんがおられました。 「この人はきつそう・・・」「この人は優しそう・・・」「この人はお局様だな」というように顔だけで判断をしているそうです。 これもある意味「視覚情報」ですね。

 韓国の女性は、就職試験のために整形手術をするというのも納得がいきますね。

まずは「視覚情報」をクリア!

基本的にネイルと茶髪はNGです。髪の毛の色が明るすぎるかなという方は結構おられます。 最近では髪の毛の色をカラーチャートで詳しく指定している医院もありますし、茶髪OKの歯科医院もあります。 しかし面接のときには黒髪にしておくことをおススメします。

 茶髪だから不採用というのを聞いたことがあります。しかしながら、髪の毛の色が黒すぎるから不採用というのはこれまで一度も聞いたことがありません。 たとえ、面接後すぐに茶髪にしたとしても、この面接にどれだけ真剣か、是非この医院で働きたいと思っているかの度合いはこれだけでもわかります。

 ネイルはさすがにあまり聞かないのですが、一度だけ、大阪ミナミにある歯科医院の院長に、衛生士が黒のネイルをしてきた!と聞いたことがあります。 女性院長なので、淡いピンクとかであれば、綺麗だし大目に見るんだけど、黒のネイルを見たときは、なんといえばいいのかわからなかったと言われていました。

これは致命傷!

 歯科医院で致命傷なのは「不潔なイメージ」の人です。 女性で不潔というのは少ないと思うのですが、スーツが皺だらけ、シャツがよれっとしている、シャツの裾が出ているなど、なんか綺麗じゃないなと思う人はいます。 決して美人とか高級なスーツではありません。しっかり自分の身だしなみに気を配ることができる人かという事がポイントになります。

 あとは、「暗い印象」の人。口角が下がっている人や、陰気な雰囲気の人も間違いなく不採用です。

当たり前ですが、コートは脱ぎましょう

 冬の面接時、コートを着たまま入っていく人も結構たくさんおられます。 これが正しくないことはよく理解されていると思うのですが、コートを脱ぐタイミングがなくなってしまうのでしょう。 緊張した気分のまま歯科医院の扉を入ってしまい、慌てて受付の方に面接に来たことを伝えると、そのまま案内をされ狭い面接室に通されるという状況が歯科医院ではよくあります。 そしてふっと気が付くとコートを着たまま面接を受けていたという最悪の状況に陥るのです。 必ず歯科医院の扉を開く前にコートを脱いで一呼吸して入るようにしましょう。