就職・転職Tips 歯科衛生士 認定歯科衛生士

認定歯科衛生士

 審美歯科、矯正歯科など歯科医院もより専門性を求められるようになってきました。又これまでは歯科医師の診療補助的な役割でしかなかった歯科衛生士も、 確固たる地位のある職業として認められるようになってきたと同時に、日々進歩する歯科業界の中で、歯科医師の専門性についていけるよう、より自己研鑽が必要となってきました。 国家資格を得たらそれで終わりではなく、最新の知識、技術を学び続ける姿勢が必要です。

 「認定歯科衛生士」とは、特定の専門分野において高度な知識と技術を身につけたと認められた歯科衛生士のことです。 主に以下のような専門認定歯科衛生士制度が存在しています。

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士(日本歯周病学会)
  • インプラント専門歯科衛生士(日本口腔インプラント学会)
  • 日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士(日本成人矯正歯科学会)
  • 日本歯科審美学会歯科衛生認定士(日本歯科審美学会)
  • ホワイトニングコーディネーター(日本歯科審美学会)
  • 日本小児歯科学会認定歯科衛生士(日本小児歯科学会)

 以下に、認定歯科衛生士になるための要件を記載いたしますが、例えば「インプラント専門衛生士」であれば、 「インプラント治療介助又はメインテナンスを行った経験が 3 例以上あること」などの要件が必要となります。 となると、インプラントの症例がたくさんある医院でないと難しいですし、その症例をデータとして残すような歯科医院でないと難しいといえます。 院長先生が専門医や認定医であればそういった環境が揃っているので、認定衛生士を目指すならばそういう環境が整った医院を選ぶことが大前提となります。

日本歯周病学会認定歯科衛生士

 日本歯周病学会の認定歯科衛生士制度は平成17年に発足し、平成30年4月1日までに1,090名の認定歯科衛生士が誕生しています。 歯科衛生士の認定資格で一番取得に時間がかかり、難易度が高いと言われています。 歯周治療および予防を通し、歯科衛生士の専門的知識と技術を確保するとともに、歯周病学の発展及び向上を図り、もって国民の口腔保健の増進に貢献することを目的としています。

日本歯周病学会認定歯科衛生士になるには・・・

  • 既に歯科衛生士資格を有し、日本歯周病学会が定める要綱すべてに該当する者
  • 通算5年以上の歯周病学に関する研修と臨床経験を有する者またはこれと同等以上の経験を有すると認められた者。
    (症例の提出が義務付けられているため、通常は同一クリニックで5年以上の就業が好ましいと言われています。)
  • 日本歯周病学会が認定する研修に参加し、申請時に30単位以上を有する者。
    (歯周病専門医のクリニックに就業している歯科衛生士は、そうでない衛生士よりも単位の取得が容易です。)
  • 申請時に日本歯周病学会の会員である事。

 上記の条件を全て満たした上で、最後の難関ケースプレゼンテーションがあります。

インプラント専門歯科衛生士

 日本口腔インプラント学会によって認定される資格であり、インプラント治療を専門に扱い、 知識や経験がある歯科衛生士のスペシャリストとして、2007年に設立されました。口腔インプラント治療介助及びそのメインテナンスを通し、 歯科衛生士の口腔インプラントに対する専門的知識と技術を確保するとともに、 口腔インプラント学の発展及び向上を図り、もって国民の口腔保健の増進に貢献することを目的としています。

インプラント専門歯科衛生士になるには・・・

  • 歯科衛生士の資格を有していること。
  • 2年以上「日本口腔インプラント学会」の正会員であること。
  • 3 年以上インプラント治療に携わっていること。
    上部構造装着後 2 年以上経過した症例のインプラント治療介助又はメインテナンスを行った経験が 3 例以上あること。
  • 学術大会及び支部学術大会に各1回以上参加をしていること。インプラント専門歯科衛生士講座を2回以上受講していること。
  • 口腔インプラント専門医1名の推薦があること。

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士(2級)

 日本成人矯正歯科学会が主宰している矯正歯科臨床における知識や技術、豊富な経験を認定する歯科衛生士の認定資格です。 この認定資格は、審査により認定されます。なお、認定矯正歯科衛生士は、経験年数や知識等により1級と2級に分類されています。 1級の取得には認定矯正歯科衛生士2級を持っている事が必須条件になりますので、まずは2級の取得からという事になります。

日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士(2級)になるには・・・

  • 日本成人矯正歯科学会の会員であること。学会等に参加していること。
  • 学会の認める矯正歯科専門医療機関や大学病院矯正歯科等にて、常勤で3年以上矯正歯科臨床に携わっている(または、矯正歯科臨床も行う医療機関にて同等の経験を有する)こと。

日本歯科審美学会歯科衛生認定士

 歯科審美学の専門的知識および臨床技能・経験を有する歯科技工士と歯科衛生士により、歯科審美医療の高度な水準の維持と向上を図り、国民の保健福祉に貢献することを目的としています。

日本歯科審美学会歯科衛生認定士になるには・・・

  • 日本国歯科技工士あるいは歯科衛生士の免許を有すること。
  • 認定士申請時において3年以上の会員歴を有すること。

また、以下のようなことが求められます。

  • 学会学術大会に出席すること。
  • 歯科審美に関連する発表を行うこと。
  • 歯科衛生認定士は、口腔衛生業務を行い、ともに歯科審美に関連する領域の啓発活動を行うこと。

ホワイトニングコーディネーター

 本制度は、歯科審美学、特にホワイトニングの専門的知識、 臨床技能・対応および経験を有する歯科衛生士のさらなる水準の向上を図り、国民の保健福祉の増進と生活の質の向上に貢献することを目的としています。

ホワイトニングコーディネーターになるには・・・

  • 更新申請時に学会会員であること。
  • 更新前3年間に、学会が主催する学術大会、セミナー、シンポジウム、コーディネーター講習会等あるいは、 IFED(International Federation of Esthetic Dentistry)、AAAD(Asian Academy of Aesthetic Dentistry)、 その他学会が認める歯科審美に関する国際学会の学術大会に2回以上参加していること。

また、以下のようなことが求められます。

  • 学会学術大会に出席すること。
  • 歯科審美に関連する発表を行うこと。
  • 歯科衛生認定士は、口腔衛生業務を行い、ともに歯科審美に関連する領域の啓発活動を行うこと。

日本小児歯科学会認定歯科衛生士

日本小児歯科学会認定歯科衛生士になるには、

  • 歯科衛生士の免許証を有すること。
  • 通年 5 年以上の小児歯科学に関する研修と臨床経験を有する者またはこれと同等以上の経験を有すると認められるもの。
  • 認定歯科衛生士の認定申請時において、1 年以上引き続いて学会会員であること。
  • 学会(全国大会、地方会大会)へ 1 回以上出席していること。
  • 認定歯科衛生士申請時に教育研修単位 30 単位以上を有するもの。